高血圧について高血圧について

PDFをダウンロードする

<監修>
自治医科大学 内科学講座循環器内科学部門 主任教授
苅尾 七臣 先生

高血圧について

高血圧について

血圧とは・・・

血圧とは、心臓から送り出された血液が、血管を通る際に血管にかかる圧力のことをいいます。

収縮期血圧 (最高血圧・上の値)

収縮期血圧 (最高血圧・上の値)

心臓が収縮し、血液を送り出すときに血管にかかる圧力を、収縮期血圧(上の値)といいます。

拡張期血圧 (最低血圧・下の値)

拡張期血圧 (最低血圧・下の値)

反対に心臓が拡張し、血液を取り込むときに血管にかかる圧力を、拡張期血圧(下の値)といいます。

高血圧とは

正常の値よりも高い血圧値が持続している状態を「高血圧」といいます。
日本高血圧学会による高血圧治療ガイドラインでは、診療所や病院で測定した「診察室血圧」について、収縮期血圧(上の値)
140mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下の値)90mmHg以上は高血圧とされています。

[ 診察室血圧 ]140/90mmHg以上 [ 家庭血圧 ] 135/85mmHg以上 高血圧

自宅で測定した血圧を「家庭血圧」とよびます。

収縮期血圧 最高血圧 拡張期血圧 最低血圧
家庭血圧を測定しましょう

家庭血圧は血圧の正確な評価をするために、
とても重要な値です。
朝と晩の1日2回、それぞれ2回ずつ測定し、
その平均値を記録する習慣をつけましょう。

測定のタイミングについて
  • ●朝は起床後1時間以内に、排尿を済ませ、
    朝食前、服薬前に測定しましょう。
  • ● 晩は就床前に測定しましょう。
家庭血圧を測定しましょう
高血圧の治療

高血圧の治療高血圧の治療について

降圧目標

血圧は体調や環境、時間などさまざまな要因によって変動するため、定期的に測定をし、管理することが重要です。なお、年齢により目標とすべき血圧値は異なりますので、自分の目標値を主治医に確認し、目標値達成を目指しましょう。

  診察室血圧 家庭血圧
若年、中年、前期高齢者患者 140/90mmHg未満 135/80mmHg未満
後期高齢者(75歳以上)患者 150/90mmHg未満※ 145/85mmHg未満※(目安)
糖尿病患者 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
慢性腎臓病患者(蛋白尿陽性) 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満(目安)
脳血管障害患者
冠動脈疾患患者
140/90mmHg未満 135/85mmHg未満(目安)
※降圧によるめまい、ふらつきなどの症状が出ていないことを確認しながら、
(診察室血圧)l40/90mmHg未満、(家庭血圧)135/85mmHg未満を最終目標とします。
日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より

治療方法

高血圧の治療の基本は、食事や運動、禁煙などの生活習慣の改善(非薬物療法)です。これらを行っても十分な効果が得られない場合は、あわせてお薬による治療(薬物療法)を開始します。

step1 生活習慣の改善  step2お薬による治療開始

血圧を下げるための日常生活のポイント

血圧を下げるための日常生活のポイント

食事療法

食事療法のなかで最も大切なのは減塩です。できる限り食塩を控えた食生活を心がけましょう。そのほか、カロリーの摂りすぎに注意し、塩分排出を促進させるカリウムを多く含む野菜、コレステロールを減らす不飽和脂肪酸(EPAやDHA)を多く含む魚などを積極的に摂るようにしましょう。

※腎機能の低下している方は、カリウムが蓄積しやすいため、主治医に相談してください。

食事療法 詳細をみる
1日の食塩摂取量の目標は6g未満 減塩! カリウムを多く含む食材 EPAやDHAを多く含む食材

運動療法

酸素を取り込みながら全身を動かす有酸素運動は、高血圧の治療に効果的とされています。心血管病のない方は、軽いランニングやウォーキング、水泳など、1日30分以上の有酸素運動をなるべく毎日続けましょう。

運動療法 詳細をみる
運動療法
その他の日常生活での注意点
体重管理

体重管理

肥満は高血圧だけでなく、糖尿病や脂質異常症などにもつながります。BMI:25未満を目標としましょう。

アルコールの摂取量の制限

アルコールの摂取量の制限

大量の飲酒は、血圧を上昇させる原因となります。日本酒なら1日1合、ビールなら1日中びん1本程度にしましょう。

禁煙

禁煙

喫煙は、血圧を上昇させたり、動脈硬化を進展させることがわかっています。たばこは、やめましょう。

気温の変化

気温の変化

急な体温変化は、血圧を急激に上昇させます。特に寒い季節は、外出時の防寒対策や、室内での温度変化に注意しましょう。

ストレス解消

ストレス解消

ストレスは一時的に血圧を上昇させ、継続すると高血圧の原因にもなります。趣味や運動などでストレスを解消しましょう。

入浴はぬるめのお湯

入浴はぬるめのお湯

入浴時のお湯の温度が熱すぎると血圧が上昇してしまいます。体温より少し高い程度のぬるめのお湯で入浴しましょう。

充分な睡眠

充分な睡眠

睡眠不足は、疲労やストレスの蓄積をまねき、血圧の上昇につながります。十分な睡眠時間を確保しましょう。

便秘の解消

便秘の解消

排便時のいきみは血圧を上昇させます。食事や運動で便秘の予防を心がけましょう。

トップへ戻る